死にたいと思った時の魔法の一言

こんにちは。あずきラテです。

今回はこの世に生を持ったもののすべてのゴール地点

死について語ってみようと思います。

皆様は死にたいと思ったことありますか?

少なくともこのページにたどり着いた方は、何かしら死に対して関心があるわけですよね。自らが死にたいのか、もしくは知人が死にたいと言っているのか。死にたい人の気持ちを理解できないから検索したのか、はたまた、単純に死に関して興味があったのか。

人は人生の中で幾度となく死について考えます。興味をそそられます。なぜなら、

唯一いかなる手段を使っても現世では経験できないこと、未知だから

です。未知だから知りたくなります。未知だから恐怖を抱きます。でも勉強しても知識が増えても経験ができない。この世の中にだれも経験者がいない。現世で生き抜いて生き抜いて、やっとその境地に至った時にはすでにこの世にはいません。現世は終わってます。ちーん。

私はあります。死にたいと思ったこと。それはもう何度も何度も。いや、正確に言えば

“死にたい”

ではなく、

“生きたくない” “いなくなりたい”

が正しいかもしれません。

“死にたい”と“生きたくない”は同一ではないと思うのです。別に死にたいわけではないんです。

ただ、日々生きているのが嫌になります。これを書いている今もまさにそう。毎日毎日糧もないのになぜ生きていかなければならないんだろうと思います。

すべてを投げ出して、この世からいなくなりたい、この世に生きていた証を残したくない、そもそもいなかったことにしたい。死にたいわけではない私は、度々こう思うわけです。

分かってますよ、頭では。こんなこと考えてもしょうがないって。ガキみたいなことゆってんじゃねぇよって。

でも、思うんです。自分がいなかったほうが周りが楽なんじゃないかって。

誰のためにもなってないこの人生、臓器提供でもしたほうがよっぽど役に立ちます。病気で苦しんでいる人、夢がある人、もっともっと生きていたい人は世の中に大勢います。

体だけは健康で、それが何より幸せなのは重々承知していますが、私にはもったいないのです。神様が与えてくれたこの幸せを活かしきれません。

三輪明宏さんは、人間がこの世に生を受けたのは、

“魂のランクを上げるための修行”

と仰ってます。魂のランクを上げるということは、そのランクの魂を持ったまま、次の世界を生きるということですかね。もしくは、死んだときの判断基準になるんでしょうか。

三輪さんの含めスピリチュアルな方々のお言葉は、心が安らかな時はすっと体に沁みこんでいきますが、今みたいに、心が荒みまくっているとき、そのお言葉でさらにマイナス思考になってしまいます。

普段なら理解できるのに、それさえできない価値のない人間という思考に陥ります。私のような方は多いのではないでしょうか。

人間の原動力は欲ですよね。お金がほしいから、遊びたいから、将来結婚したいから、子供がほしいから、夢があるから、頑張れる。欲があるから行動できる。

では、欲がない時は?欲がない人はどうすればいいんですか?社会に貢献するために働くんでしょうか。もちろんそれはあると思います。少なくとも今日まで社会に何かしらお世話になってきました。

それは上の世代が社会に貢献してくれたから、成り立ったことです。そうすると、次は自分たちの番ですよね。

先輩にたくさんお世話になったから、後輩の面倒を見る。そしてその後輩もやがて更なる後輩の面倒を見る。このひとつの流れを乱すわけにはいきません。社会に貢献する番がきたのです。

しかし、社会への貢献は、自分の欲求を満たすための行為ではなく、あくまで社会的な行為なわけです。これだけで人生80年を生きていける人は少ないでしょう。よほど正義感に溢れた人か、善良人か。

死にたいなと思う人はどんな理由でその結論に至るのでしょうか?仕事がきつすぎて死にたい、いじめられるから死にたい?彼氏に浮気されたから、奥さんに不倫されたから死にたい?

死にたいと思う人は、この世で耐えきれないことがあった、或いは、この人生が嫌になった人だと思います。

一方我々のように、生きたくない人は、耐えきれないことがあった訳ではなく、この世に生きていることに疑問を持っており、人生に意味を見い出せない人だと思うのです。先が見えない、つまらない人だと思うのです。

話がだいぶそれましたが、こんな私が、いなくなりたいなぁと思った時に、毎度思い出す言葉があります。

小学生の時に書道の授業で教頭先生が教えてくれた言葉です。

屋上から飛び降りようとしている人がいます。もう、柵を越えて一歩を踏み出せば落ちてしまいます。止められるのはあなたしかいません。あなたなら何と声をかけますか?

という問いでした。

小学生の私たちは、

ちょっと待って!とか、話を聞くから!とかありきたりな回答しかでません。

教頭先生は答えを教えてくれました。

そういう時は、

“今日は、やめとけ。”

って言うんだよ。

あぁ、なるほど。小学生ながら、私にとってこの答えはストンと腑に落ちるものでした。

その場しのぎの言葉ですが、それでいいのです。その場をしのぐのが大切。

今でもこの言葉が頭をよぎります。

どうせ明日も明後日も今日と変わらない。今日はやめとこう、別に急ぐことは無い。というマイナスな“今日はやめとけ。”と、

明日は変わるかもしれない。1日だけ待ってみよう。という“プラスな今日はやめとけ。”と、時によってどちらの“今日はやめとけ。”になるかは分かりませんが、この言葉は非常に効果的です。

他にも、今日は〜〜だからやめとけ。と、適当な理由を付けることもできますよね。例えば今日はクリスマスだからやめとけ。毎年思い出されたくないだろ?とか、今日は警察が多いからやめとけ。すぐ見つかって死ねないかもしれないよ?とか。

なんてことはない言葉ですが、妙に納得させられる魔法の言葉です。

もし万が一、死にたいとおもったり、周りの人が死にたいって言ってる場面に遭遇したら、この言葉を思い出してください。

今日の死を阻止してください。

“じゃあ、いつならいいの?“と聞かれたら、“まだ時じゃない。”とでも言いましょう。

お前が何をを知ってんだよって話ですけどね。

以上魔法の言葉でした。おしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする