ブスは金をかけるとさらにブスになる

こんにちは。あずきラテです。今日はブスについて語ります。まぎれもなく私のこと。

顔は下の下の中の私のスペック

蒙古ひだがっつりの一重です。二重なわけがありません。瞼の厚さは、もちろん分厚く、友達にお岩さんと呼ばれてました。

まつ毛の長さは一番長いところで6mmです。普通のビューラーでは上がりません。そして劇的に本数がすくないのです。目頭側はスカスカです。下まつ毛に至っては12本くらいしか生えていません。

さらにもれなく黒目も小さい。目が大きければ米倉涼子のようなきれいな三白眼になりますが、目の縦幅も横幅も小さいのでそういうわけにはいきません。涙袋もありません。

そして目の周辺はかなり色素沈着しています。小さいころからよくこすっていたみたいです。

まとめるとこんな感じ。ちなみにまつげの一本一本はもっと細い。

穴は小さいが上向きです(●●)かといって高橋真麻のように筋が通っているわけでもなく、日本人の小さな鼻で穴が上を向いている感じです。

一番てっぺんの骨をどこかに忘れてきたんでしょう。ここに骨がもう一つあったらだいぶ違うのに。もちろん鼻ついてる?ってくらい低く、穴はあるけどもはや存在は皆無!

眉毛

うっっっっっっすい!!とにかく薄い。描かないと外には出られない!

口・唇・歯

口は出てます。大久保佳代子がよく言う、モッっとしているってやつ。猿のような感じ。唇は下は厚くて上が薄い。なんか気持ち悪い。そして色が青紫。これはなにをしても治らなかった。

歯並びは最悪でした。下はきれいですが、上は永久歯が2本生えてこずスカスカだったので高校から5年以上歯列矯正。80万くらい

終わった今も、そもそもの歯が人よりかなり小さいのでキレイになっているわけではなく、かなりコンプレックスです。しかも笑うと歯茎が全面的に出てきちゃう。もう少し控えめでええんやぞ。宝くじが当たったらまず第一に歯をキレイにしたい。

目と目の間

もちろん離れてますよ。鼻筋にヒアルロン酸入れたら盛り上がって、ちょうど目もいい感じに寄らないかなって常に思ってる。

鼻と唇の間

長い。これはもうどうしようもない。メイクでオーバーリップにすると、いよいよ唇のてっぺんまで垂直になってしまう。

目と唇の間

長い。これはブスの特徴ですよね。きれいな人はみんなこの距離が短い。目の下に涙袋分でも継ぎ足せれば少しましになると思う。

ちなみに先ほどから登場している目の周りの茶色の線は、上は瞼、下は色素沈着です。

えら

張ってる。

横顔

まっ平ら。ほっぺにカーブがない感じ。もうカックン!!!て。目なんかほぼ見えません。鼻も低いのでありません。横から見たら人間ではありません。

こんな感じ?笑 これはさすがにやばすぎるけど。私の絵心。けどこんなに鼻は高くない、、これやと下の下の中どころではないですよ。

頭・顔

全体的にでかい。普通サイズの帽子は入りません。後頭部はきれいなカーブを描いているが、それを生かし切れていない現実。

ショートカットにしたらきれいなラインが出るのに襟足が上向きに生えているから首に沿わせられない。

顎が出すぎていて後頭部の綺麗さがわかりませんが。

唯一の良いところは耳くらいかな

特に不満がないのは耳くらいですかね。いつか子供が生まれるとしたら、耳だけ遺伝させたい。あとはお相手のを受け継いでほしいかな。

世の中平等というが、美人が得してるのは事実

私は基本的には世の中は平等だと思っています。だれもが羨むような裕福な家庭に生まれた人は我々庶民が知らない苦労があったり、イケメンに生まれた人は、もしかしたら家庭環境が複雑かもしれません。

傍から見ていれば羨ましいと思うような人でも必ず、知らないところで苦労があって、我々と平等になっていると思っています。

しかし、平等でありつつも、美人が得しているのは事実だと思うのです。

イケメンにちやほやされて、上司に可愛がられて、おしゃれな服屋さんにも普通に入れて、月に何度も美容室に通って、カットモデルになればタダで切ってもらえて、、、もうブスからすれば美人って生きやすくて羨ましい。

ブスのみなさん、美人に生まれたかったですよね。美人じゃなくてもいいからせめて平均くらいの顔ではありたかった、、!!

ちやほやされたりモテたいといった願望はまったくありません。

しかし、こんな顔であんなおしゃれなところに入れない、とかきれい目の服が似合わないとか、デパートでお化粧品のタッチアップなんかとても恥ずかしくてできないとか、女として生まれているのに、こういった場面で引け目を感じるわけです。

きれいなお姉さんが多いところって行きづらいですよね。

でもこの顔で生まれてしまった以上は仕方がありません!受け入れるしかない。心を強く持ちましょう。堂々としていないと余計ブスになります。結婚に関しては中身で勝負するか、物好きを探すしかねえです。

自分をどうにか好きになるしかない

そんなこんなで話は戻りますが、とにかく目をどうにかしたくて、お化粧をし始めてから約6年間、アイプチや二重テープ、ローヤルプチアイム、つけまつげなど様々なアイテムで二重を作っていました。

そして黒目の小ささをカバーするためにカラコン。金額にすると20万以上は軽く使ってますよね。

そして使ったのはお金だけじゃなくて、時間も。

朝は二重のために早く起きる日々。

二重にしなくては外に出られなくなっていたので、少しの買い物でもお化粧は必須でした。

当時は二重の出来次第で化粧時間が決まっていたので、1時間以上かかることもしばしば。今は二重もカラコンもやめ、10~15分くらいで終わります。

乳液のべたつきや汗を気にすることなく目元のメイクができて、アイシャドーもテカリを気にすることなく塗れて、何より目に負担がかからない。

アイプチ時代は恐ろしいほど瞼が腫れて皮膚が伸びていたのに、外に出るにはお化粧が必須で悪循環でした。

二重をやめたきっかけは、20代も半ばにさしかかり、いつまでも二重なんか作ってられないと思ったからです。

ゴリゴリのバッサバサのマツエクや不自然なほどのカラコンで若作りしている40代50代のおば様方をみて、こうはなりたくないなと思いました。

自分の顔は好きではありませんが、一生この顔と生きていくしかないのです。二重瞼手術を考えたこともありましたが、私の場合顔の欠点は目だけではありません。

理想の目を手に入れたところで次は鼻、次は輪郭と、どんどん理想を追い求めてしまうのが想像できました。

そうなるともはや、理想の顔を手に入れたとしても、そこに私は存在するのか?と思うようになりました。

人間、欠点があるから美しいとよく言いますが、本当にその通りだと思います。私は欠点がありすぎますが、欠点があるから親しみが持てるのです。人間味があるのです。

ただ美しいだけの人間味のない顔はロボットで作れますよね。そこに命は必要ありません。私は人間である以上、この素材で生きていこうと思いました。

ブスは理想を追い求めれば追い求めるほど金がかかります。歯列矯正、美容整形、ごまかすためのメイク用品、エステなど、あげればキリがありません。

きれいになりたいと思うのはもちろんいいことです。しかし、自分を見失ってはいけません。ブスでも自然な美しさ、ナチュラルな人間味を理想にできる日が来れば、もうこっちのもんです。

自然な外見を追い求めることによって、中身も伴います。こころにゆとりが生まれ、優しくなれます。一方他人と比較して理想に気を取られ、更なる整形を追い求めた先には何があるのでしょうか。そこに本来の自分はいますか?

まあ何が言いたかったかというと、ブスすぎて嫌になる人!私もそうですが、本来の自分と向き合っていきましょう!

きれいになって内面も美しくなれるならどうぞ整形でも何でもしてください。次から次へと他人が羨やましくなるようでしたら、整形はしないほうがいいと思います。自分を見失わないために。

自分を好きになろうとまでは言いませんが、ありのままを受け入れることも大事だよってこと。ありきたりですけどね。

とかゆってるけど、できることならせめて鼻筋欲しい。

おしまい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする